淡味行路 小説、映画、アニメ等の感想覚書。偶に日記。

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ヨクサル覚えてなかった
[No.1157] 2014-06-25 Wed 12:42
ども。
お中元時期の送料無料につられて、お菓子をまとめ買いしようかという超些細なことで迷ってます、カラです。
普段送料が七・八百円程かかるところのだと、「五千円以上購入の場合」くらいの但し書きがついててもまぁいいかと思えてくる不思議。
偶に欲しいと思っては止めていた商品に+αした分だけ払うお金が増えるのだから、全くもって得するという話ではないのにネ。
あと問題は冷蔵物が多いことと、賞味期限がそんなに長くないこと。
というか買っちゃえば一気に食べちゃう気がするのよねー。
そしたら肥えるだけなのよねー。
ふんふーん。



ムーミンその後。

ムムリク親子がイケメン過ぎて生きるのが辛いです嘘です楽しいです。
なんと夜にアニメ「楽しいムーミン一家」を観るのが習慣になってしまいました。
その上、小説も図書館で借りて読み始めました。
ひらがなの多い児童書は正直少々読むのに苦心もするのですが、アニメと小説とで違いが多々ある為、興趣が尽きません。
ただ、気になったタイトルから観ている&読んでいるので順番はバラバラです。
スナフキンことスナフ・ムムリクが出るたびにテンションを上げる私ではありますが、アニメの暖かく穏やかな世界観とキャラ全員に加えて視聴者までをも支えて安心させてくれているのは、ムーミンパパとムーミンママが、パパたらんママたらんと行動してくれるおかげだと思います。
「壊れたパパの大事な椅子」の二人など、とても素敵でした。
ボール遊びで悪気なく椅子破壊の決定打を与えてしまい、不注意であったことを素直に謝り気を落としているムーミンたちに対し、「元から壊れていた」のだと、反省すべきこと以上に落ち込ませないように優しい言葉をかけ、その後も何でもない振りをするパパ。
その前には、壊れた椅子を見た瞬間にショックで嘆いてしまいそうになったパパに対し、子供たちの前だということを素振り一つで示すに留めた、ママからパパへの信頼。
たぶんないと思うけれど、もし私が結婚して子供をもつことがあったらば、ムーミンパパとムーミンママを見本として子供と接しようと思います。割と本気です。



アニメ感想ちょろっと。

・ハイキュー! 12話まで
ノヤっさんが髪を下して喋ってようやく、声優さんが青エクの燐の人だったということに気づきました。
ていうかあのシーン一瞬、燐に見えました。声のイメージって強いなぁ。
ネコきたー!!!ヽ(´∀`*)ノ

・神々の悪戯 11話まで
スタッフの方々はトト様の壁ドンに熱心過ぎるのではないでしょうか。
シュチュエーションの変更又は威力の増加によって上がっていくハードルを越えているように感じるので、最終回では壁を破壊でもしないかとハラハラします嘘です至極楽しみです。
すっかり腹筋は敗北、笑いつつ机を叩きつつ楽しんでますが、ただ一点、やっぱりメリッサはカエルの王子様よろしく、人間の姿になることはないのでしょうか?
第一印象から今に至るまで、天然癒しキャラとしてハデスおじさんの好感度がかなり上がったものの、未だにメリッサが一番好みなのでとても残念です。
陽気で人の良さそうなおじさんビジュアルになってくれそうなのにな・・・いや、くったりとした人形姿も大変ラブリーだとは思いますがね。
最終回を残しシリアス展開となってますが、バッドエンドになりそうな予感が全くしません。
あれでしょ?最終回皆変身して戦って愛と正義で何とかなるんでしょ?←
スポンサーサイト
別窓 | その他日記とか | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<元気です。 | 淡味行路 | そっと扉を閉めるべし>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 淡味行路 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。