淡味行路 小説、映画、アニメ等の感想覚書。偶に日記。

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
映画感想。
[No.1140] 2014-03-23 Sun 22:49
あとは勇気だけだ…ったけどその勇気がなかなか出ず;
やっと観れました。


「009 RE:CYBORG」

※ネタバレ配慮ありません。
※辛口発言あります。愛故にですが、気分害するかもって人は読まない方がいいです。
※ジェット愛してます。
※うっかり腐がちょい漏れましたごめんなさい。
微 妙! 終わり方超微妙!
映像はめっちゃ綺麗だったんだけど!
特に冒頭の映像がこれでもかと力入ってて綺麗で感動だったんだけど!
脚本が何かこう…えぇええええちょっとこれって、いや漫画を混ぜたんだなってのはわかるし、だから凄く009っぽい話だなとは思うんだけど、解釈委ねるとこ含めて思うんだけど、でもこれ映画でやっていいの?ラスト置いてきぼりの人ばっかじゃないの?大丈夫なの?
て、最後から語ってどうする、戻ります。

とりあえずジョーの設定。記憶リセットって何だよそれはダメだろダメだよ、サイボーグ化されてもそれでも自分が人であるという意識葛藤哀愁があるからこそのサイボーグ戦士じゃないのか、ミュートス編で記憶消去の是非についてガイア博士と争ってたじゃんギルモア博士、それに人と違う時を刻むこと、膨大な記憶を蓄積していくこと、それを同じく共有する理解し合える仲間だからこその絆ってもんがあんだろが、孤独感に苦しむジョーを一人だけまるでロボットのようにリセットループさせて、でも事が起こればリーダーって、んな無茶な!てジェットじゃなくても言うよ!
でもジェットのリーダー反対の理由はおかしい!別にヤンキーに誇り持ったキャラじゃなかったと思うんだけど私の記憶違い?国民性でリーダー争いって、なんっだそりゃ!?
いやハインとの門松事件はあったけどね!?大人げないケンカを出来る仲良しさん&仲裁もお任せあれっていうアレは寧ろそういうコミカルな回であって、別に俺が俺が!て主張の人じゃないんだよジェットは!
つか原作でもかなり仲良い2人に確執なんてもたせるんじゃないよバーカバーカ!←
しかもグレートこそ進んで仲裁するタイプなのに、止めるとか疑う役に何故選んだし?!
仲間が敵なのかもってのは割と仲間に人数いるアニメ映画のお約束展開だよなぁとは思ったけど、でもこの映画観てる人ってかなりの割合が漫画のファンなんじゃないの?仲間同士で疑心暗鬼とか「ねーよ!」てテレビの前で叫んじゃったじゃんよ、ドキドキもハラハラもしなかったよ、あるとしても洗脳だろーが、ジョーに銃向けるとかギルモア博士何しとんじゃギリィ…!
んでフランと完全に恋人になってるのにそんな方法とったとか、ずっと接触なしで監視させるとか、フランが可哀相過ぎるだろ、ちょっとマジ何しとんじゃギルモア博士ギリィ…!(゜皿゜メ)

職業はジェットがアメリカ国家安全保障局ってのに一番驚いた。
だって今までレーサーとか探偵とかスポーツ選手とか、こう…公権力的な方面にだけは行かないと思ってたんだ、何でかな、やっぱ元ストリートギャングってイメージが強いからか?脚本的にアメリカの偉い人と繋がるキャラが必要で、国籍でジェットに役割が行ったんだろうけど(ジェロニモはあんまり喋らないしね)…何かここの違和感がジェットが敵かもって疑いに繋がってくれなかった理由だったかも私。
「え、本気でその仕事してるの?実はギルモア博士かイワンに言われて動き探る為に職についてたりしない?んでアッサリ合流するんでね?」とか無駄に裏を疑っちゃったよ。
なんも なかった !
グレートも諜報機関なのよねー。張の店でわいわい働くの結構好きだったからちょっと残念だったけど、こんなスマートで格好良いグレートを見られるってのもなかなか…二次創作ではいっぱい見たことがあるけど☆とか言っちゃダメですよねはいすみません。
襲われるとこは恰好良かった!壁から変化の映像テンション上がったし、見せ場的にはとても素敵でした。そこから即退場だったけどピュンマと比べれば全然優遇さry
水中戦がないからピュンマの出番少なかったのは仕方がないんだろなー。
見せ場作ったら作ったで、全身鱗にするのか別の何か考えるのか、難しいもんネ。
グレートと同じで出番少なくてコスチューム姿見れないのに加えて戦闘シーンもなくって、でも考古学者ってのはそんなに違和感なかったし、まぁ…ピュンマファンは泣いただろうけど、私はまぁこんなもんかなと。ただ、髭あると老けて見えるね;
あ、違和感ていうと、話には何の関係もないから無問題なんだけど、ハインが軍属系設定ってのはちょっと首傾げたかな。
完全に割り切ってるってことになるんだろうけど、でもまだ皮肉を言ったりしてるあたり、やっぱまだ祖国に関して思うところあるんだよね?ていうかそこと機械の身体についてはどうしても一生ぐずぐずしてる人だと思ってるそこを愛してる←

そうそう、皆のメンテってギルモア博士がやってるんじゃないってことなのかな?
もしかしてその為の、サイボーグだってバラして働けてメンテしてもらえるっつーことでの職業選択?
だったら2,4,7は納得できなくも…他は皆博士でいいのかな?
うーん、漫画か小説読まなわからんのかー?
あとキャラについてだと、フランの衣装は清楚系が良かった!
サービスなんだろうけど、ジョーが学生服なこともあって、何てんだこう…網タイツ素敵だけどさぁ…。
ジョーがフランに惚れたんって結構母性的な部分に惹かれてって感じだったと思うんだけど、…うーん…今風の人にしたってことなの?何か別人に見えてもにょる…これはこれで恰好良いけどうぬぅ…。

っと、とりあえず罵詈雑言気が済んで落ち着いたので、良いなーって思った点を。
さんざ叩いといて何ですが、原作リスペクトを感じました。
まぁ毎度設定好きに変えられるのがサイボーグ戦士達の良いところよね。
唐突に始まる事件と、おいおい間に何があったwとツッコミたくなるような変化ありのそれぞれの関係性ってのは正直、とても漫画の新章開始ページを読む時の気持ちを思い出しましてにやにやしました。
張がお店どころかチェーン展開して大成功ってのも、2号店出てわいわいしてたとこからさらに発展させた感じがいいなぁと思ったし。博士と商標で訴訟争いしてるってのには笑ったけどw
あ、張の戦闘シーンは文句なし、めっちゃテンション上がりました、格好良かった!
口から火吹くって、大道芸っぽくコミカルにじゃなくて恰好良くするのって難しいんでなかと思ったり。それだけじゃなくて武器使ったアクションも動き良かったし。
ジェロニモの模様浮くのも、衝撃波なんて使えたっけ?とかはもう格好良かったからいいや、迫力あったヽ(´∀`*)ノ
てか戦闘シーンはどこも良かったと思う。
ハインの指ダーツ、じゃない指マシンガンのちょいちょい調節?いれるとこ格好良くてたまらんかったし!薬莢どこに収納してんだろwとかいう原作からの疑問はそのままでいいんですよええwこういうのはいいんですw膝からミサイルもお約束で、なぜ前にスライディングしながら撃つwwwってのは思わず笑ったけど、動きつけたかったんだろうしネ、いいっすよもーうw
そういやハインの服がさ!原作に忠実で!でもこのクオリティで忠実にやられるとえらいこっちゃだと思ったのって私だけですか、4ファンの人ってどうなの?私ちょっと思わず目泳がせちゃったんだけど、どどどどうなんですか?
ハードレザーにサングラスって…HG(ハードゲイ)に見え…エロくない?←
ほら原作絵が基本手足とか身体のライン細いじゃない?それがきっちり肉付けされると、当然なんだろうけどハインの腰回りがむっちりしてて何てかその…42より24だなって思いました!←

あとめっちゃ良かった点、声に関して違和感0でした!
声優さんだけで揃えてくださった、本当制作の方々に感謝です。
7が吉野裕行さんてちと声若くないか?とは映画観る前には思ったけど、そもそものビジュアルが若くなってたからおかしくなかったし。
ジェットに小野大輔さんは恰好良すぎるんでないかとも思ったけど、それは私が僕ジェットが好きだからだと思うし、結構気障な言い回しだったりクールな素振りするキャラだから合いますね、今回はもしかしたら敵なのかも?っていうキャラの立ち位置的にも見た目年齢上がったぽいのにも合ってて良かったと思います。
ジョーがしゃべると宮野さんが頭に浮かんで笑っちゃうのは完全に私が悪いし←

さて、初っ端ヒートアップしてた終わり方ついて。
否、ラストだけじゃないんですけどね、分かり難過ぎな上に解釈投げ過ぎだと思うんですよ。
これってただの脚本の好みの問題?それか私の頭が悪くて理解出来ないだけ?
話をすげぇ雑把にまとめちまうと、つまりは神の試練だったってことでしょう?人類を作り直すっていう骨子は天使編よね?
009というそもそもの作品としては基本的に人は悪である、てスタンスじゃんね?
でもって、そうだとしてもそれを超える何かを人は持っているのだというのがジョー達の信念であって、言ってみりゃ作者のメッセージだよね?
神≒「神」という概念を想像且つ創造することができる、人が各々持っている脳、であるという理論は、ああ009だなぁって思うし、私はこの考え方好きだからいいのよ。
で も、脳=自己ではないのよね?
善悪の観念にしろ正義の意味にしろ、決めるのは個々の人間だ、ってな単純な精神論、犯人は悪を身の内に飼っている自分だ、自分との闘いだ的な話にはならない。
何者かの、それが自分の脳が作り出した脳の何処かからの声≒それは自分じゃないのか?という疑問を持たれるものであっても、働きかけがあって人は行動を起こしてる訳だ。
それが「彼の声」を聞くためにトリガーが必要だって話になる訳で、なのにそのトリガーとして登場した筈の「天使の化石」の存在が曖昧すぎることが、分かり難さの原因だと思うわけですよ。
そこをね、こう…滅茶苦茶分かり易く、『謎の遺跡発掘!天使の化石か!?』とかって大々的に報道されて色んな人が世界中で観るチャンスがあったとかにしちゃえば良かったんじゃないの?ダメ?そうするとテロが大きくなりすぎて収集つかない?
碌な代案なしに言うのも何だけど、ジョーが彼の声を聞いた理由はサイボーグ化で脳をいじってるからだろうとか、巫女やゾーンていう可能性の提示とかはいらんかったと思うのよ。
だって、でないと、化石を見ただけで7と8が姿を消すとこが謎過ぎない?
彼の声を聞いてる様子=少女を見ている描写、って訳でもないのよね?ジェットだって見てるし。
ラストの月の裏側の化石からしても、神のような何かという存在を匂わせる為に「わからないもの」を強調したいならば余計にそのわからないものとしての力の強さを見せなきゃ説得力がないと思うのよ。
又は、ハインは見ても何ともならなかった、という場面が必要ならば、聞く人と聞かない人がいるという点が重要だというのならば、理由をもっと明確にしなきゃいけなかったと思う訳よ。
まぁ正直ハインの長々とした聖書に似た考察語りや皮肉は最っ高にハインぽくてにやにやしながら聞いてたけどね!←
…彼の声を聞いている=少女を見ている描写だとすると、途中からそれぞれが試練に入っていて、私たちはジョールートを見てるだけ、クリアした人たちがラストの世界へ行ってる、って解釈も出来ちゃうの か?
グレートとピュンマが先にいて場所を理解している様子がないのも、別ルートいってたからだって思えば納得できんでもないような。
でもちょっと嫌だなぁそういう精神的な…あーでも神々の戦い編なのか?それぞれに精神攻撃きてたって解釈はありなのかー。くあー悩むなぁ(o_ _)o

もう一個、書いてる内に気づいたんだけど、最終局面を乗り越えたのがジョーの行動と叫びだけだったのがもにょってたってのはあるかも。
サイボーグ戦士だけが人は悪ではないのだと叫んでたらダメだと思うのよ。
サイボーグではない人がジョーの叫びを肯定するように、ヨミ編ラストで流れ星(と思われた2と9)にモブの人間が平和を願ったように、例えば「彼の声」を聞いてテロに走ってた人間が自力でそれを止める描写だとか(人が人を止める描写はあったけど、彼の声を聞いてるか否かはわからなかったよね?)があれば良かったなぁって思う訳です。
歌の歌詞でもあるじゃないか、サイボーグ戦士誰がために戦う、って。
彼等が信じてる人という存在が、彼らの行動を肯定して答えてくれなきゃ切ないじゃない…って、そうか、それやっちゃったらヨミ編と同じになっちゃうからダメなのか?
ラストの世界にサイボーグ戦士だけじゃなく人がいることが、ジョーの成果ではなくてそれぞれの人の選択した結果だと受け取るべき?
うー、ヨミ編リスペクトで作ったんだろう、ジョーのいる成層圏へジェットが、ってくだりがあったから、無意識で同じような補完を望んじゃったのかな、反省。
もうちっと考えないとダメだな。

あ、でも正直ジェットが飛んでくるとこはめっちゃテンション上がりました。
ジョーが宇宙へテレポートした瞬間から心の準備万端で、来るぞ来るぞ………来たー!!!∑d(≧▽≦*)って。
にやにやどころじゃ済まなかったです。本当に有難うございました。
お約束って、とても大事だと思うのですよ。
デザインが古かろうが、どう考えても邪魔でしかなかろうが、赤いユニフォームと黄色いマフラー姿がなかったら、私はこの映画観なかったかもだし。
本当、凄く作る上で邪魔だったと思うけど、動き苦労したんだろう、何かもう皺がハリセンみたくなってたけど、ちゃんとマフラーしてくれて物凄く嬉しかった。
全員ユニフォームで「再集結」してるとこを映画内で見れなかったのは残念だったけど、でも何で私この映画観たのかなって考えると、結局のところ、動いてる彼等をまた見たかったからなんですよ。
未完の作品の完成を観たい、てのは動機として比重高くなかったみたいです。
だから色々書いてるけど、映画を観れて凄い満足してるし、制作に関しては感謝するばかりです。

…あれ?おかしいな、言いたいこと言いきってない気するのにまとめちゃった感。
いかん、どうしても書かねばなことが一つだけあった、
ジェットの全裸写真まくって酷過ぎるだろバカぁあああああああああ!!!!!
飛行形態の考証とか知ったことか、たとえ人口皮膚だとしても、外側全部身体が機械パーツになってるんだとしても、全裸だよね!?どう観ても全裸だよね!?←
上空から撮られた写真なのが救いだといえるのかどうなのかわっかんないけどでも酷いよ!
部屋の隅で体育座りして落ち込んでる原作絵のジェット想像しちゃってワナワナした!
赦すまじクソ上司!(ノ`△´)ノ ┫:・'∵:.┻┻:・'.:∵
サイボーグ戦士たちは、罪を被せられたことに加えてこの件について怒ってくれよ!頼むよ!
サイボーグ化されたって君たちの身体だよ!人権侵害だよ!うわぁあああんジェットぉおおおお!!!

とまぁ、そんな感じで。
あー、また原作読もう。アニメも観たいな。
スポンサーサイト
別窓 | 小説・映画 感想メモ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<アニメ完走 | 淡味行路 | 2014’1 小説メモ>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 淡味行路 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。