淡味行路 小説、映画、アニメ等の感想覚書。偶に日記。

2013’9後半 小説メモ
[No.1121] 2013-09-30 Mon 23:00
■2013’9後半小説 メモ■

※読んだ月ってだけです、出版月ではありません。
☆1~5ザックリ評価


・「月の上の観覧車」 萩原浩 ☆4
大切な誰かの面影は、いつも後悔の記憶の中。短篇集。
1「トンネル鏡」2「金魚」3「上海租界の魔術師」4「レシピ」5「胡瓜の馬」
6「チョコチップミントをダブルで」7「ゴミ屋敷モノクローム」8「月の上の観覧車」

泣いた。
一番泣いたのは8だけど、2の狂気と3のロマン、7の痛みも印象深かった。
8篇あるだけあって、キーワードが各話ところどころ被ってるのが、人物の価値観を寄せてしまうようで微妙だとも思うのだけれど、そのおかげて連作みたいな雰囲気になっていて、そうしてみると、表題作がラストで見事まとめていて良のかなとも云々。
1篇が短いから手軽に楽しめると思います。おすすめです。


・「ディアスと月の誓約」 乾石智子 ☆3
魔法使いが二つの月を引きずりおろし、その力で地をなした王国<緑の凍土>。
伝説の獣の角に支えられた儚きその国に生まれた少年は…。

結末がちょっと私的にはモヤッと。でも面白かった。
ファンタジー好きさんなら損にはならんと思う。


・「ちぎり屋」 蜂谷涼 ☆4
繁栄にわく小樽の街の片隅にあるおもんの店で、1杯の酒とともに語られる「問わず語り」。
北の街の小さな居酒屋「ちぎり屋」では、今日もまた、わけあり者たちが、心に溜めた想いを語っていく。

居酒屋が舞台なのだから予想すべきだった。
枡酒、ぬる燗、熱燗、ビール、なーんて注文が飛び交うもんでまぁ、とにかく飲みたくなる!
おもんの料理の描写も細やかなものだから、これをツマミに飲んだら、さぞ…!と途中身悶えしてしまった。
と、そんなとこから書き出しましたが、別に飲食メインのグルメ話ではありません。
料理だけでなく、各登場人物の描写が秀逸で、ストーリーもしんみり胸にくる。
時代小説ファンじゃなくても楽しめると思います。おすすめです。


・「おぼろ月」 谷村志穂 ☆3
20代半ばあたり、恋愛短編集。
1「キャメルのコートを私に」2「青い空のダイブ」3「タヒチアン・ダンスで会おう」
4「おぼろ月」5「夜の虹」6「二人と犬の子」7「夜の街には、お砂糖がある」

結構好きと思える話もあったのだけど、でも全体的に寂しい印象。
切ないではなく寂しい。ただ、寂しい。
恋愛物ならば温かさや優しさがもうちょっと余韻に欲しい私には少々辛かったよ。
月の綺麗な夜に読んだせいか?


・「コオロギ岳から木星トロヤへ」 小川一水 ☆4
西暦2231年、木星前方トロヤ群の小惑星アキレス。いっぽう2014年、北アルプス・コロロギ岳の山頂観測所。
21世紀と23世紀を“つないで”描く異色の時間SF長篇。

帯に‘小休止’‘さっくり読める’‘コミカル版の『時砂の王』’何て書かれてるのだけど、まさにその通り。
連載中のシリーズで頭大混乱&息切れしてたので、めっちゃ良い息抜きになりました。
軽くさっくり笑って読みました。面白かった!
ただ先生、先生お願いです、腐女子は勘弁して…本当勘弁して下さい、何ていうか恥ずかしいです本当許して下さい、そこは絡めないで入れないでお願い、死ぬ、恥ずか死ぬ。そっとしといて下さい先生ぃいいいorz


・「ココデナイドコカ」 島村洋子 ☆3
30歳前後、恋愛短編集。
1「密閉容器」2「むらさき」3「偽妻」4「代用品」5「事情通」
6「当て馬」7「嘘恋人」8「数字屋」9「幸福」

軽ーい一人称でさらーっと読める、が、怖い。
何ていうか、怖くて薄ら寒い話が多い。
特に印象に残ったのは4だけど、主人公よりも男性に凄い共感した。
母親が主人公タイプなんだよね…一緒にいるの辛いよね…って;
いっそのこと、ホラーと思って読んだ方が楽しめたかもしれん。


・「蛍火」 蜂谷涼 ☆4
女一人、すべての汚れをひきうけて、心をこめて染みを抜く。
「ちぎり屋」と同じ町、「染み抜き屋」おつるの話。

文句なく読み応えあって面白かったのだけど、登場人物1人早く死ねよこの男、と本気で苛立って疲れた。
人物の描写が巧すぎるのかもしれん。


・「残り全部バケーション」 伊坂幸太郎 ☆4 
夫の浮気が原因で離婚する夫婦と娘。ひょんなことから、「家族解散前の思い出」として見知らぬ男とドライブすることに…。
5章構成の連作、小さな奇跡の物語。

軽くて無茶苦茶なんだけど面白い。そこが良い。
ラストはブラックバードと同じ系統。


・「猟犬探偵」 稲見一良 ☆3 
「セント・メリーのリボン」に登場した、迷い犬捜し専門のアウトロー探偵・竜門が遭遇した4つの事件。

「セント・メリーのリボン」が素敵だったから読んだのだけど、これは何てんだろ、ハードボイルドにふわっとファンタジーが混ざったような感じだった。
いや、「セント・メリーのリボン」もそういう傾向ないこともなかったけど、何だろう割合の問題なのか?えらい印象が違った。
これはこれで良かったんだけど、如何せんハードボイルドを期待して読んじゃったものだから…うぅ、失敗した。


・「海松」 稲葉真弓 ☆2
志摩半島の一角、小さな湾近くの傾斜地。そこに土地を買い、家を建て、改めて、自分と現実のすべてについて、新しい生の感覚を見出そうとして暮らす。川端康成文学賞受賞の表題作他、「光の沼」「桟橋」「指の上の深海」。

好みかタイミングかわからんがとにかく、合わなかった。
スポンサーサイト
別窓 | 小説・映画 感想メモ | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<2013’11 小説メモ | 淡味行路 | 2013’8・9前半 小説メモ>>
コメント
あ!観覧車の読みましたぞ!
全体的に私はハラハラ感があったような記憶です…
魔術師のじいちゃんの話が好きでした(*´∇`*)
[No.1616] 2013-10-01 Tue 00:58 | URL | EBA #-[ 内容変更] | top↑
おお!
>ABEちゃん
わーい、観覧車読みましたか!
ハラハラかー、「金魚」が一番ハラハラドキドキしたかな、主人公どこまで正気なのかな、あちらがわいっちゃうのかなって。
魔術師のじいちゃんの話、私も好きよー。
こう、ロマンだよねぇ(*゚ー゚*)
主人公との交流も、想い人の思い出も素敵でねぇ。

同じ本読んでるって、ちょっと恥ずか嬉しいですね(*ノノ)キャ
コメントありがとうございます!
[No.1619] 2013-10-01 Tue 20:55 | URL | カラ #BxQFZbuQ[ 内容変更] | top↑
ウフフ…
私も時々、あっ先輩同じの読んでたキャッ(//∇//)てなってますw
しかし私よりずっと深く読み込んでいて、レビューとはこういうことだ!といつも衝撃を受けている次第…
精進いたしまするm(_ _)m
[No.1620] 2013-10-02 Wed 09:25 | URL | EBA #-[ 内容変更] | top↑
遅くなったゴメン!
>EBAちゃん
気づくの遅すぎる、ごめんなさい。
いや、あの、私めっちゃ自分の印象メモってるだけだし、特に今回酷い感想だし、気のせいなんだぜ…(゚ー゚;A
[No.1624] 2013-10-10 Thu 21:45 | URL | カラ #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 淡味行路 |