淡味行路 小説、映画、アニメ等の感想覚書。偶に日記。

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
バトン(歌詞)
[No.1107] 2016-02-19 Fri 21:14
歌詞でならいけんじゃね?と思ったので、もっかい。


● コトババトン ●

そんな訳で、今回は歌詞縛り
耳に残る、好きな歌の詞を50音分、抜き書きます。

◎適当自己ルール
1曲から抜けるのは1か所のみ。
同じ歌手は3曲まで。
日本語限定。(他言語の発音充て禁止)


あ: 青い惑星(ほし)に生まれてきて 生きるための意味を探している
い: 言えないから連れてきた思いは 育てないままで 唄にする 
う: 歌はともだち 心の影法師
え: 枝葉の天蓋に 星空は輝きだす
お: 思い出のあの樹の 幹の天辺に 輝く星一つ 飾りに行こう 

か: 重ねた言葉は何を守るため?
き: 君が流す涙 拭うためだけに 僕はここにいるよ
く:  口笛ふけない君 静かにくちずさんだメロディー
け: 幻想とじゃれあって 時に傷つくのを あなたは無駄だと笑いますか?
こ: これが正しいって 言える勇気があればいい

さ: 差し出すその手を つないでいいなら どこまで行こうか 君と二人で
し: 冗談のふりは楽ね? 私も知ってる
す: 素敵な物が欲しいけど あんまり売ってないから 好きな歌を歌う
せ: 千の風 吹け吹け わたしは しゃぼん玉
そ: それなりに歳はとったのに焦りばかりがつのって

た: 誰もが傷つき 痛みを背負って 誰かを傷つけ ひた走る
ち: ちらかった星空に似てる願いが こわく見えた
つ: 強く望むことが欲しいと望んだよ 夢の先なんて見たくもないから
て: 低空を滑る 私の非力な強さ
と: どうしよう あなたに出会うまでの私 忘れちゃったわ

な: 流れ星に願いを話すなら あの場所で君とまた手を繋ぐ
に: 虹を作ってた 一度 触れてみたかった 
ぬ: 抜いては戻す 刀と鞘 断ち切るは修羅
ね: ねぇどこにいく? どこでもいく! 握りしめた手と手
の: 覗いてみるかい? これが未来 未知なる世界

は: 初めての音はなんでしたか? あなたの初めての音は
ひ: 日が射したら後戻りしない 過ちでも選んだ道を行くよ
ふ: 二人で靴ぬぎすてて はだしでかけていこう
へ: 平気な顔で嘘をついて 笑って
ほ: 僕の二歩は君の三歩 僕の四歩は君の六歩

ま: まわれよまわれ 雨は大地をかけて
み: 水の中で息が出来たら きっとこんな風でしょう
む: 無言の言葉であやとりして 上手に出来たと笑ってみる
め: 目指したのは 蒼い蒼い あの空
も: 燃え尽きる日がきても 僕の憧れ

や: 優しいものは とても怖いから 泣いてしまう 貴方は優しいから
ゆ: 揺れたこの想いの向かう先を 何も言わず僕は眺めてるよ
よ: 夜の時間が迫り来る あなたはこんな近く でも遠い

ら: ラッキー運とハッピー運だけは一つづつ染色体に のせてあげてほしいな
り: 凛としたあなたと同じ 手折られぬ花 色は匂へど
る: 瑠璃色の波を巻いて  
れ: 黎明に月は転げ落ちて 強かな煌めきに隠される
ろ: ロクデナシの詩 夢追い人は行く

わ: 分かり合いたくて 本音でぶつかってきた


次にまわす人5人:
今時バトンを回されても困るのではなかろうか^^;
でも歌詞縛りなら歌が好きな人は楽しめると思うので、
興味持った方いらっしゃいましたら、どうぞー。
※勿論私の適当ルールは替えて頂いて結構です!


**

雑感:
歌詞の場合、頭文字だけで考えてもサクサク7割は埋められる。
ただ、頭文字で思いつくのはだいたい歌い出しとサビの部分なので、
ざっと埋めてからは未使用の好きな曲を脳内で通して歌って、
空いてる語から始まるフレーズを探した。

ちなみに、一番豊富で出易いのは【あ】ではないかと思う。
「あなた」を筆頭に、「愛」「あたし」「雨」「あの」「明日」と、
頻出語が揃っているおかげで、たぶん歌好き・カラオケ好きさんだと
5分もかからず10曲はサラッと思いつく。

同様に「君」や「僕」がある【き】【ほ】など、
数が出る語は寧ろ1曲しか選べないことに苦悩する。

出難くて長く空いていたのは【ぬ・の・り・る・れ・ろ】あたり。
そも、しりとりで回されて辛いところは語彙自体が少ないだろうから、
このあたりは埋まらなくとも仕方がないと、
思いつかなきゃ空でUPしちゃおうと思った。

私的な最難関、最後に埋めたのは【る】だった。
るーるー考え過ぎて、徹子の部屋のテーマが脳内をぐるぐるした。
あと学校唱歌の「流浪の民」とか。題名だっての。
でも、脳内懐メロ祭を開催して歌詞を発見した時は、
誉れ桜が舞ったような心地になった。

正直、過疎地帯の歌詞は、激戦区と比べて好きのハードルが下がってる気はする;

完全自己満足だけど、めっちゃ楽しかった(。・ω・。)♪
スポンサーサイト
別窓 | その他日記とか | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<~2016’5月 小説メモ | 淡味行路 | 何年前のだよバトンー。>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 淡味行路 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。