淡味行路 小説、映画、アニメ等の感想覚書。偶に日記。

2011’6月小説メモ②
[No.1006] 2011-06-30 Thu 12:33
■ 2011’6 小説メモ ② ■

※発売月ではなく読んだ月ってだけです。

・「熊の敷石」 堀江敏幸  ★★★★
フランス滞在中に旧友を訪ねる1表題作の他に、2「砂売りが通る」3「城址にて」という二つの短編が入ってる。
内容はどれも‘これエッセイ?’て確認したくなるくらいサラリと起きたことを書き連ねてる感じで、読み終えた翌朝には‘どんな話だったっけ?’て考えるくらい、なのだ け ど !
句点までの読点が多い、のらりくらり遠回りでたらたらっと長い独特な文章が何とも良い味わいで、口語的と言ったら良いのか単純に文章力が凄過ぎると称えたら良いのか、それとも実はフランス文法で書くとこうなるのか、とにかく私にはストライクで、脳内で朗読するように抑揚をつけ、呼吸する為の間を開け読み進めていたらばもう、リズムの心地良さで、素面だってのにテンションが上がり、3が一番明るい話で好きだったのだけど、読み終わってから直ぐにページをめくり直し、特に気に入ったあたり何ページか本当に声を出して朗読してしまった。な ん て こ っ た !
他の作品探して、お酒飲みたくなった時に替わりとして読もうと思います。
ん、でも合わない人は疲れるだけかも;

・「かげろう」 藤堂志津子 ★★
全て40代の女性が主人公で、1表題作、2「あらくれ」、3「みちゆき」の3編入ってる。
1が思いがけず苦手な母子小説で、下手なホラーより怖いは気持ち悪いは、ラストシーンの彼の言葉に心から同意且つ安堵しました。‘だよねえ!’って。
実は心暖まる話として書かれてたらどうしようかと思った、あー怖かった!
2は母子小説下地に自己を見る感じかな、1よりは好き。
3は……自己愛?‘あそー’て思って終わった。
登場人物の性格を‘こういう人’って文中に設定説明みたくされると読む気が失せるのは私だけじゃないと思いたい。

・「冷めない紅茶」 小川洋子 ★
1表題作と2「ダイヴィング・プール」の2作、同じくらいの長さで入ってる。
どっちもだけど、特に2の方が世界が自分で全て完結してる女の話で気持ち悪かった。
地の文も会話文もポエムみたいな主観表現ばかりで、好きな人は好きなのかもしれないけど、私はぐったり。

・「土の中の子供」 中村文則 ★★★★
1表題作と2「蜘蛛の声」という短編が入ってる。
1は泣いた。泣かされた。
まさか題名が比喩とかじゃなくそのものだなんて思わないじゃない!?(←ネタばれ反転)
始めちょっと合わないかと思ったけど、最後までちゃんと読んで良かった。
ラスト引き込む力が凄い。良い話だ。
2は、ダメだ×2と思いながらも最初の部分、何てーか、誘惑?に絡みとられるとこちょっと共感してしまった、のだけど喜びを得るポイントが全然違かったので一安心(?)
読後感は1の方が好きだけど、2も勢いがあって好き。

・「セント・メリーのリボン」 稲見一良 ★★★★
1、逃げる男が出会った「焚火」
2、カメラマンの通った「花見川の要塞」
3、パイロットが挑む「麦畑のミッション」
4、ポーターが決断する「終着駅」
5、犬探し専門の探偵が贈る「セント・メリーのリボン」(表題作)
の五編、男性の方が好きなんじゃないかな、ハードボイルド好きなら楽しめると思います。
でも、そう思って父親へ薦めたらあんまりツボには入らなかったという…あっれー??
どれも映画の1シーンのような情景が浮かんで、順番をつけるなら5>3>1>4>2かな、好きでした。

・「イッツ・オンリー・トーク」 絲山秋子 ★★★
1表題作と2「第七障害」が入ってる。
1の痴漢の存在感が異常で素敵で、もう友達なっちまえよ!とか思ったり、でもそうしたら絶対居心地の良い関係は崩れるよなぁとも思ったり。
ただ、別に友達ってなりましょうねって言ってなるもんでもないし性関係の介在があることから、敢えてそうではないのだと線引きをする必要があるのかどうかとか云々。
まぁ、地の文からして好みなんだなって再確認出来たので、また先生の他の本探して読もうと思います。

・「明日の静かなる時」 北方謙三 ★★
探偵の趣味+仕事の話。
今まで先生の歴史物は読めてたし楽しめてもいたのだが、そうか歴史物だったからなのか、と嫌な発見をしてしまった。
男らしさ信者の方へはオススメ。
私は別にそういうの極端に苦手とかいう訳じゃないと思うのだけど、ツボに入ればメロメロになることだってあるのだけど、どうもこの話の主人公のナルシズムにはついていけなかった、のに加えて、真理子に対しての発言に謝罪なしだったのがどうしても引っかかって不愉快でダメだった。

・「猛スピードで母は」 長嶋有 ★★★★★
1、母親が家出をしていた、小学4年生の夏休みの生活を振り返る 「サイドカーに犬」
2、小学5年生の主人公視点、母との日々「猛スピードで母は」
どちらもだけど、特に2が余計なものを削った、主人公視点なのだけど感情の入らない三人称で読みやすく、好きなタイプの文章だった。
全体的にどことなく物悲しさが漂うような印象もあったのだけど、ラストシーンが爽快で、読後感も良い。
今年読んだ、親子を描写してる話の中ではたぶん一番好き。
こういうの学校の教科書に載ったら嬉しいなぁ。
やっぱり純文学っていいなぁ、と思わせてもらいました。

・「愛妻日記」 重松清 ★★
1「ホワイトルーム」…AVでお勉強
2「童心」…実家へ帰ったらはじけました
3「愛妻日記」…手錠から始まる愉快な日々 
4「煙が目にしみる」…トラウマ克服
5「饗宴」…若さ崇拝と玩具万歳と公開願望
6「ソースの小壜」…輪姦と悪癖
て感じの、夫婦テーマの性愛小説集。
他との比較が出来ないから性愛描写については何とも;エロくはなかったと思うけど。
あ、重松先生はパンスト大好きなのかなって思いました←
話としては6だけ、人物像が見えて面白いと思えた箇所があったからまぁ良いかなと。
他は、3とか普通に病院つれてけやって思っちゃったしなぁ……うーん、こーゆーのはわからん;
スポンサーサイト
別窓 | 小説・映画 感想メモ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<2011’7月小説メモ① | 淡味行路 | 2011年 読了リスト>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 淡味行路 |