淡味行路 小説、映画、アニメ等の感想覚書。偶に日記。

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
映画
[No.1000] 2011-08-17 Wed 22:27
夏コミ参戦された方はお疲れ様でした。
私ぁ最近夏バテなのか体調悪くていきなり倒れたりしてたんで、棄権です。
ぐったり家の中で映画&小説三昧。
まぁそれでも1度寝込んだけれど;

そんな訳で以下、いくつか映画感想。


・「アラトリステ」 ☆2.4
17世紀落ち目のスペイン、傭兵アラトリステの……生き様、かな。
とりあえず、映像美が凄い。
自然の景色よりも、建物と衣装の美しさ、俳優の立ち位置やカメラアングルで魅せる感じで、絵画を切り取ったようなシーンがたくさん、というか、どこで切っても絵になっちゃうというか。
でも、ここが見せ場だぜー!みたいな焦点の絞りがびっくりする程なくて、出来事のまとめもなくオチもなく、淡々と、しかも結構一気に話跳んで進んだりするので、……で、つまりはっきり言ってしまえば、エンターテイメント性が低く人にオススメできない;;
戦争のシーンは緊張感はあるけれどアクション系のような派手さはないし、剣劇シーンも見事なんだけど以下同文。
両親は隣で寝てしまった。
基本的に効果音はあっても音楽が全然入ってなかったから、それで余計に淡々と感じられたのかな。
ただ、そのことが活きて、主人公とヒロインのラストシーンで音楽が入った時は、音が流れた瞬間に涙が流れた。
「そのシーンの為にずっと音楽入れないようにしてたんだ、ココがメインで最大の見せ場なんだ」、と言われたら「じゃーしゃーねぇな!」と言っちゃうかもな程、作り込んでなさを感じさせるが故の、主人公のありのままの気持ちと言葉で魅せるような、切ない素敵なシーンでした。


・「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」 ☆2.1
タイトルそのままの内容。
普通に面白かったです。
でも映画館行かないでレンタルにしといて良かったな、て思った。
まぁ田辺さん好きだから、素敵な田辺さんを観るために借りたんですよええ。はは。


「パーマネント野ばら」 ☆4.7
何だよこれ。
何だよこれぇええええええ!!!?
良かった。凄い良かった。
あ、私原作は読んでないです。
だからこそまんまと……頭の後ろでざわつく予感程度で。
あああもう本当良かった。余韻が堪らない!
出演者が菅野美穂に小池栄子て並んでたから、きっとハズレはないと思ってたけど、それどころじゃなかった。
彼女等の演技力に上限はないのか。恐ろしい。
うーん、何か書くとネタばれになりそうで、この映画はそれだけはしたら駄目と思うから……書かない!
観て!もー観て!レンタル100円で観ちゃってすみませんでしたぁぁあ!て謝りたい気分です今!
だからせめて人に薦める!20代30代の女性にオススメ!


・「カメレオン」 ☆3
お偉いさんの見てはいけないものを見ちゃいました系。
中二病だって良いじゃない、面白けりゃ。て思った。
結構無理のある設定を、ベテランの俳優様方がこれでもかと力を発揮して底上げ肉付け、説得力を補強して、アクション・カーアクションを頑張ってレベルアップさせたかな、ていう。
でも後半はさすがに無理があり過ぎるとういか、実はそっちメインのハードボイルド目指したかったんだとしたら、藤原竜也は……合わないというか勿体なかったというか……何ぞと不思議に思って調べてみたら、ずっと昔に作られた脚本だとか……???
80年代ハードボイルドとか好きなら後半興奮できるかも?だけど逆に前半つまらないって思うかもだなぁ;


・「風が強く吹いている」 ☆4.5
駅伝の箱根を目指すほぼ素人集団、青春モノ。
観た友達が「ただのBLだった」というとんでもない感想を伝えてくれたので、観るしかないと思って観た。
確かにBLっぽかったけど、それ抜きにしても良かった。面白い。
こういう映画の場合、ストーリーの甘さどうこうと言うのは無粋ってもんだろうし。
ちょいちょい笑いを入れてくれるのでテンポ良くって、シリアスなシーンを疲れず緊張を維持して観れたし。
各登場人物の内面を、焦点合わせたエピソードより、さりげない会話や動作等で自然と出すのが巧いと思う。
ユキがニコチャンに小言を言いながら、ご飯を手渡してたりするとことか、映画の演出なのか原作である描写なのか気になるところ。
小出恵介さん演じる灰二のえらい恰好良さも、そういう演技なのか原作がそうなのか気になる。
……原作読もう。


・「必死剣鳥刺し」 ☆4.2
藤沢周平先生原作、主演豊川悦司、で面白くなかったら可笑しいわな。
チャンバラシーン、秘剣シーンの緊張感・迫力が凄い!
タイトルで見当つくとは思いますが、バッドエンド嫌いな人にはオススメしないですよ;


・「化粧師」 ☆4
石ノ森章太郎先生原作。
時代とか結構変わってるけど、面白かった。
焦点絞ってない感はあったし、割と淡々と進むから、起伏のあるストーリー好む人には物足りないだろうけど、雰囲気良かったし好きでした。
スポンサーサイト
別窓 | 小説・映画 感想メモ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<2011’8小説メモ① | 淡味行路 | 2011’7月小説メモ②>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 淡味行路 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。