淡味行路 小説、映画、アニメ等の感想覚書。偶に日記。

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
2013'12 前半 小説メモ
[No.1129] 2013-12-22 Sun 17:47
■2013’12前半 小説メモ■

評価目安
☆1 :読まない方が良いヨ。/ 不可。読んだ時間を返して欲しい
☆2 :敢えてオススメはしなかなぁ。/ 可。でも読まなくても良かったかも
☆3 :損はしないかと思うのでどうでしょう? / 良。普通に面白かった。
☆4 :読んで欲しい。 / 優。上手い!面白い!読んで良かった!
☆5 :お願い読んで!!! / 秀。本との出合いに感謝!読まないでいたら損だった


・「高砂 なくて七癖あって四十八癖」 宇江佐真理 ☆3.9
四人の子持ちで飲んだくれの畳職人、小普請組の武家に嫁いだ大工の娘、幼い頃から見世を支えた口入れ屋の若お内儀…倖せの感じ方は十人十色。懸命に生きる男と女の縁を描く、人情時代小説。

間違えて先に読んでもーたー!
「ほら吹き茂平」がシリーズ1作目で、これは2作目。
どうも恋愛小説や夫婦小説に引きがちな私ですが、これは好きだった。
言ってみれば、おせっかいな主人公があちこち夫婦に口を出すだけの話な訳だが、でもそのおせっかいが、他人事を自分の事のように怒り、何とかしなけりゃ!と動く人たちが何とも暖かくて良いのだ。
人情物の時代劇好きなら好きですよ、ってのは書くまでもないか。
硬さや難しさのない優しい文章なのでさらーっと読めます。


・「光」 道尾秀介 4.3
真っ赤に染まった小川の水。人魚伝説。洞窟の中、不意に襲いかかる怪異。ホタルを、大切な人にもう一度見せること。去っていく友人に、どうしても贈り物がしたかったこと。誰にも言っていない将来の夢と、決死の大冒険―。

面白かった。
ほんっと先生、子供の心理描写が鮮やかで巧いよなぁ。
ちょっと「向日葵の~」を思い出した。でも「向日葵の~」より断然明るい話。ていうかキラキラしてた。つまり光だった。
ミステリ的な要素より純文学的な要素の割合が多い感じ。
こういうのも好きだなぁ。


・「アリス殺し」 小林泰三 ☆3.7
複数の人間が夢で共有する〈不思議の国〉で次々起きる異様な殺人と、現実世界で起きる不審死。ミステリ。

アリスが好きな人でないとわからない用語が多々あり。
好きな人ならセリフ回しその他で楽しめる。
ミステリ要素は、どうなのかな?気づく人は結構直ぐに気づくんでないか?


・「ダンサー」 柴田哲孝 1.4
嵐の夜、研究所から姿を消した謎の生命体、“ダンサー”。同じ頃、フラメンコの踊り子・志摩子は正体不明の男につきまとわれて…。ミステリ。

ミステリ?パニックかホラーちゃうん?
B級映画とかで観れば楽しめたかもしれんが、どうなんだこれ?
とりあえず女性よりは男性の方が楽しめる要素はあると思われ。
無駄に女の肌が出るし、分かり易い男のロマンと父と息子のロマンがあるし。


・「その暁のぬるさ」 鹿島田真希 2.1
「あの人」を失ったことを誰にも言えぬまま保育園で働く「わたし」。恋愛の美しい記憶を反芻し、袖をぬらしながらも、同僚の和紙の方と酒宴にむかい、保育士仲間での恋愛の自慢話や噂話に興じる。

後悔と悲しみに浸ってずっと凹んで悩んでたいけど上手くできないな残念って話。
それが味だとも思うが、‘和紙の方’とか、普通に名前を使わないことで生じる効果よりしつこさを感じてしまってちょっと疲れた。
あと思考の裏読みもしつこくて疲れた。偶に思いつくくらいならわかるけど、こんないちいち考えてる人っていんのかね?
めんどくさーい。


・「臨機巧緻のディープ・ブルー」 小川一水 ☆4.1
宇宙艦隊が地球外の生物について探索・調査している時代。宇宙調査艦隊に参加した新米カメラマンのタビトは、人類未踏の惑星で人魚のような少女と出会う。SF。

先生の作品の中ではかなりイメージし易い分かり易い異星人。
ストーリーもファースト・コンタクトものとしてすっきりまとまった感じ。
であるから少々物足りないなぁ、なんて。
主人公が参加する理由となった‘知りたい’ということについてもっと拘っても良かったような気がする。
いや面白かったんだけど。一気読みしたんだけど。


・「空飛ぶタイヤ」 池井戸潤 ☆4.7
トレーラーの走行中に外れたタイヤは凶器と化し、通りがかりの母子を襲った。タイヤが飛んだ原因は「整備不良」なのか、それとも…。
現実にあった三菱のリコール隠しを題材にした小説。

面 白 か っ た !
夜に読み始めたせいで、朝の4時までかけて一気読み。なのに全く眠気を感じなかった。
現実の事件で、リコール隠しとして報道されたニュースに関しては多少覚えていても、それは加害者の三菱と一つの事故においての直接の被害者の母子についてのことくらいであって、そのトラックの運転手や会社がどういう境遇となっていたのかというのは全然認識の外だったので、話がまず事故が起こったところから始まるというのが、当たり前のことなのに衝撃だった。
手に汗握り主人公の運送会社の社長を応援して、読み終えてから事件についてぐぐって経過を調べた。
ドラマ「半沢直樹」の原作でなくこっちを読んだのはまぁ私が天邪鬼だからですが、めっちゃ面白いので、是非!
スポンサーサイト
別窓 | 小説・映画 感想メモ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
2013’11 小説メモ
[No.1127] 2013-12-21 Sat 18:51
■2013’11小説 メモ■

評価目安
☆1 :読まない方が良いヨ。/ 不可。読んだ時間を返して欲しい
☆2 :敢えてオススメはしなかなぁ。/ 可。でも読まなくても良かったかも
☆3 :損はしないかと思うのでどうでしょう? / 良。普通に面白かった。
☆4 :読んで欲しい。 / 優。上手い!面白い!読んで良かった!
☆5 :お願い読んで!!! / 秀。本との出合いに感謝!読まないでいたら損だった。


・「闇の虹水晶」 乾石智子 ☆3.3
人の想いから宝石を創り出す「創石師」ナイトゥル。部族の進攻により全てを奪われ無気力に日々を送っていたが、彼が闇色に七色の虹をちりばめた水晶を手にした日から、その運命は急激にまわりはじめる…。ファンタジー。

世界観素敵だし、結構面白いと思うし、実際一気に読んでる、のに読み終わった時の腑に落ちなさというか物足りなさは何なのだろう。うーん?
主人公の内面の成長というか心替わりが、何かの契機から本人の葛藤を経てそうなるのではなく、魔法的な何がしかで行われるっつーのが、人の心が主軸の一つとなっているストーリーなのだからして見せ場として弱いんだと思うんだけど…て単に私の好みと合わんだけか?


・「真夜中のパン屋さん 午前3時の眠り姫」 大沼紀子 ☆4.2
今回現れたのは、ワケアリ男女の二人組。居候女子高生の希実は、彼らが抱える不穏な秘密によって、不本意ながらも、またまた事件に巻き込まれていく。

本筋の希美の話に動きがある分、続編の中でも楽しめる方だと思う。
希美の達観と諦めきれなさの混じり具合だとか、子供の眼差しが不自然じゃなくて巧いなぁ。
そんでやっぱり、優しいんだよねぇ。読むと気持ちが柔らかくなる。
明るい方へ暖かい方へ気持ちを動かしてくれるから好きだわぁ。


・「さくら草」 永井するみ ☆3.6
プリムローズ殺人事件。殺された少女がブランドを愛用していることに気づいた少年課の刑事・理恵は、特別に事件の捜査に加わる。少女たちの願望と大人の欲望が渦巻く中、警察は真相を暴けるのか?

犯人どうこうより、登場する女性、特にブランドのマネージャーの服にかける思いが魅力だと思う。
ブランドに疎い私でも楽しめたから、好きな人ならもっと楽しめるかも。


・「追想五断章」 米澤 穂信 ☆4.3
大学を休学し、伯父の古書店に居候する菅生芳光は、ある女性から、死んだ父親が書いた五つの「結末のない物語」を探して欲しい、という依頼を受ける。本格ミステリ。

面白い。作中に登場する「結末のない物語」も味がある。
それらの登場が区切りになるので途中休憩しやすいのも良い、けど、先が気になって半分あたりを過ぎてからは私は中断できず、夜中の1時までかかって読んだ。
読後感の良いものではないけれど、話練られた良いもん読んだなぁって思える。
作者の他の作品も読もう…と検索したら、この方「氷菓」の作者なのか!
古典部シリーズも読もうかなぁ、いやミステリだしストーリー知らん話のがいいか。
うん、とりあえず別の探して読もう。


・「ミノタウロス」 佐藤亜紀 ☆4.1
帝政ロシア崩壊直後の、ウクライナ地方、ミハイロフカ。成り上がり地主の小倅、ヴァシリ・ペトローヴィチは、人を殺して故郷を蹴り出て、同じような流れ者たちと悪の限りを尽くしながら狂奔する。
第29回(2008年) 吉川英治文学新人賞受賞。ピカレスクロマン。

くはー、満足!
はっきり言って話や人物は私の好みとズレる、にも関わらず読み応えが抜群で、読み終えた今、満足感にどっぷり。
全く読後感の良い話じゃないのに気分が良いってのは之如何。
ストーリーの魅力より文章力かな?文体?言葉選びが翻訳ものみたいに直球なのが舞台に合ってて良いのかな、ってか作者どういう人なんだろう、完全に日本育ちでこれ書いてるのかな?凄いな。
とりあえず作者の他の作品も探して読む。凄いパワーだ。
別窓 | 小説・映画 感想メモ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 淡味行路 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。